本文へ移動
    (代表取締役社長 阪口彰、代表取締役会長 阪口雄次)
 私ども阪口製作所は1946年創業以来、幾度となく変革をしてまいりました。現在でも更なる成長をめざし、社内改革を進めております。
 2020年には、中小企業の弱点でもある管理の強化やコンプライアンスの順守に即時対応できるよう、新たに経営管理部を設置し、管理・法務・企画・人事・語学のスペシャリストを8名配属いたしました(外国人人材を含む)。
 また、ものづくりに必要な技術力を向上させるため、
工作機械の新設や更新を順次進めつつ、2023年中のIATF
16949の認証取得をめざし、社内の改善を実施しています。
 お取引企業様や関係者の皆様と共存共栄できるよう、社内改革を進める中で打ち出された「Impossible(不可能)をI'm possible(可能)に」をキャッチコピーとして、全社一丸となって変化に強い会社づくりを進めてまいります。  
                                    代表取締役社長
TOPへ戻る